中医学と数億年の歴史と天津といろいろ

2016年夏から訳あって天津で国費留学。天津情報から中医学から近所のおばちゃんまで。

Hallo.

你好

中国と俺と中医学とおばちゃん

ベトナム旅行⑭ まとめ。美味いかベトナム料理?!&めっちゃ親日?!

ベトナムからマカオ航空の便があまりにも遅れすぎて

且つ遅延と共に発生する中国人のクッソうるせぇ騒ぎのせいで疲労は増大

隣のねえちゃん

いつになったら飛ぶんだ!何で飛ばないんだ!

CA:トランジットですか?

違う!早く家に帰りたいだけだ!

私達も皆を送り届けるまで帰れません!

でたよこのパターン。。。

 

ってか待ってりゃいいじゃん。文句言っても変わらねぇだろ

どんだけ低脳なんだお前らは笑

余計に疲れてマカオに繰り出すのは断念。

早朝の便まで椅子で寝ることに。

というのも、一時入国してやろうと思ったのだが

マカオは入国の際にパスポートにスタンプ押されない(T_T)

まぁ飛行機が大幅に遅れたのも然り、スタンプが無いのにがっかりしたのも然り、うるせぇ中国人も然り

 

というわけで一休み。事前の情報では寝れる椅子があまり無いという事だったのだが、

あるじゃねぇか!!ただし肘掛け無しの椅子はあまり多くない。

 

 

今回、ベトナムに行って色々感じた事を書いてみる

 

1,ベトナム料理って美味い??

 

これは筆者が一番感じた事。元々美食家の祖父から受け継いだ舌の感覚は

中華料理の酸化コーン油に汚されてもなお健在であると自負していて

最初のうちは

ん〜味も海鮮系が多いし日本人好みだな

って思ってたけど、よく考えたら

味の素の味じゃねぇか!!(*´∀`*)

どれもこれも見事に統一されております

別に否定するつもりはないけど、大抵汚らしい屋台とか飯屋は味の素ぶち込んで作られていて

レストランに行かない限り本物のベトナム料理は食べられない

そう、ベトナム伝統料理は味の素の味である

なので最終的にピザやゴミみたいな韓国料理に逃げた理由は

ベトナム料理は5日で完全に飽きる

これが結論。

ベトナムで一番美味しいと言われるフエ料理を食べた時も

ん〜やっぱり同じ味

ってかどいつもこいつもライスペーパー巻いてチリソースとヌックマムつけりゃいいって思ってる。

これは筆者の友人に限るかもしれないが、ダナンで食べた美味しいゴルゴンゾーラパスタをカルボナーラと大差ないとホザく馬鹿者を初めて目の当たりにした。

そしてそこにケチャップやらチリソースを付ける始末

こいつの舌の感覚はどうなってるんだ(;´Д`)ハァハァ

何でもかんでも味を足す。ヌックマムとチリソース地獄である。

そもそもそのまま食べる習慣ないのかな。ちゃんと味ついてるじゃん。

 

そういう訳で、日本のベトナム料理が味の素をベースに作られていない事を祈る。

ただベトナムではスピードが勝負で、

朝晩の糞忙しい時間に味の素無しで丁寧に作ったスープやら料理を出していたら色々追いつかないのだと思う。そしてそれが見事に需要と供給でマッチしている最強のコンボになって生活に浸透している。

ベトナムに来た際は是非、本物と味の素を食べてほしい

 

そしてそして、ベトナムのコーヒー

ベトナムのコーヒーはだいたいどこもエスプレッソみたいな状態で出てくる。ベトナムスタイル。長距離移動の前はやめといた方がいい

別に美味しくないし、しかも練乳みたいなのぶち込む。ゲロマズ

まだスターバ◯クスゲロマズアイスコーヒーを頼んだほうがマシ

なんか特殊な感じ

 

 

散々ベトナム料理を馬鹿にしたけど、美味しいという感覚は十人十色なので

美味しいと思えばそれでいいのだと思う。ベトナム人はそれが美味しい

日本人の俺は5日で食べられなくなる。そういう事

 

2,ベトナムの空気

散々中国で汚染されたこの肺だけど

ベトナムの空気もクッソまずい

バイクの排気ガスで窒息死しそうになるレベル

ハノイ、ダナン、ドンホイ、フエ、

どこの都市も変わらずバイク多いし、いよいよ筆者の肺も真っ黒になるんじゃないかと思うくらい空気がまずい

http://userweb.shikoku.ne.jp/oh214743/lung3.jpg

 

幸いな事にベトナムは雨が降る

なので、きったねぇ空気も洗い流される、これが北京や天津との大きな違いである

 

3,だいたいみんな日本人大好き

これだけベトナムを罵倒しておいてこんな事書くのはあれだけど

ベトナム人は総じて日本人が大好き

そして日本人の印象として、大体みんな言うのが

身長低い、穏やか、真面目、等々

あるタクシーのおじちゃんは、日本は中国の兄貴でもあるしアジアのお手本だと言っていた。

なんだその見解は

中国で生活をして、アジア各国に沢山友達が出来たけど

筆者が特に日本人らしくないと言われる理由が分かる気がした。まぁ筆者が知的でなく野性的なのもあるが。

アジア諸国から見て日本人の印象はどうも内向きな性格が多く、外国人慣れしていない印象を持たれている

確かに日本は謎にクール・ジャパンな一面がある。

 

まぁそんなんで、ベトナムに滞在している間は大体みんな良くしてくれたし

日本人をべた褒めしてくれる。少しベトナム語が喋れてコーヒー飲んだり酒飲めばもうすっかり仲良し

食べ物をくれたりする。

今回たくさんの友達とベトナムで再会したのだが、大体みんな食べきれない量の食べ物を持たせてくれる

何か田舎のおばあちゃんみたい。

 

4,クーラーめっちゃ効いてる

ベトナムを訪れて食べ物に関してお腹を壊す事は一切無かったのだけど、

店のクーラーが効きすぎていたり、列車のクーラーが寒すぎたりと

とりあえず冷えている

外はくっそ暑いのだけど、ひとたびタクシーやら屋内に入ると極寒

汗が冷えて余計に寒い

そのせいでお腹が少し緩かったのだと思う。

クーラー対策は少し必要。途上国の食べ物に慣れていない人は余計に。

 

5,そこまで暑くない?

これはあくまで個人の勝手な意見

天津は天気予報で40度の猛暑が続いているらしいが

乾燥しているので日本ほど暑さで悶々とする事はない。

そしてこちらベトナムに来てからというもの

そこまで強烈な暑さを感じていない

天気予報を見てみると...

30〜35度

あれ...??

なんかそこまで暑くねーじゃん最高の海水浴日和

いっても37度とか、いつぞや友達が40度くらいいくよ〜と言っていたけど

全くもってそんな地獄ではない。しかも風あるから茹だる暑さではない

もちろん動けば汗は出るけど、それでも予想より快適

但し!

日差しは強い!!

あっという間に真っ黒になる。日中に海水浴をする人間はアホな外国人くらい

現地人はだいたいみんな早朝か夕方の時間

もちろん筆者のように真っ黒になっても問題ねぇよって人間は存分に楽しむといい。

 

 

今回ベトナムに行く事を決めた理由に、

ベトナムには沢山の友達がいるという理由も然り

ベトナムがめっちゃ親日国だという事を知っていたから

 

実際に行ってみると、まさにその通り

筆者が今の大学に通っている時に沢山のベトナム人から

日本アニメやアダルトビデオ、食べ物、バイク、車の話を聞いていた通り

ベトナムにおいて日本という国の信頼感は抜群

ここベトナムにおいて

日本人と自己紹介して歓迎してれない人間は99%存在しないのではないかというレベル

散々書いたタクシーのおっちゃん、お店のおばちゃん、カラオケのねぇちゃん(これは別か)、若い人たちまで

都市部の人たちとしか話をしてないので農村部は知らんが

だいたいプラスαのサービスをしてくれる。食べ物には一切困らない。

あとは日本人の性格の問題

これはどこの国に行っても同じだけど、異常なほどの信頼感

だから中国に居た時も、

日本人女性が中国人男性にモテている理由が分かる(日本人女性は確かに素敵、強いて言うなら化粧が丁寧)

男性がモテるかは知らん 筆者は少なくとも日本にいる時よりはモテている

それはベトナムに行っても同じ、タクシーのおっちゃんから日本人女性を紹介しろとか

筆者がオバちゃん達にモテモテだったりとか、ウチの娘と結婚してくれないか、と言われたり笑

もちろん根底には生活水準が高いって理由もあって、年々在日ベトナム人が増加している理由がよく分かる。

日本人はお金がある、礼儀正しい、商品は安心安全、信頼できる

まぁそれ言ったら中国人の方が金はあるけどな。

 

ともかく今回のベトナムでまた新しい価値観とか素敵な出会いとか、

野性的な能力とか何やら色々な物を授かって日本に一時帰国

中国語と共に英語の能力も上がっているので一石二鳥!

今後も一度繋がった彼らとの関係を絶やさず、またベトナムに行きたいな〜

 

さてさて。一時帰国ってすげぇ中途半端で、ブログどうするかと考えた結果

日本で生活している中で感じた中国との違い、

職業柄関係する事についても随時ブログを更新したいと思います。

 

8月下旬にまた中国戻るので、

それまでにお時間ある方は是非お付き合い下さいませ(*´∀`*)!

 

ブログ村参加してます!良かったらポチッとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ 天津情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 海外医療へ