中医学と数億年の歴史と天津といろいろ

2016年夏から訳あって天津で国費留学。天津情報から中医学から近所のおばちゃんまで。

Hallo.

你好

中国と俺と中医学とおばちゃん

ふくしゅう:ラクナ梗塞

豆乳ラテを自分で作りたいが為に、わざわざ伊勢丹に行って豆乳を購入

 

f:id:yuuuuuriii:20170830134834j:plain

そこら辺で売ってる豆乳ヤ〜バい不味いし。雑巾を飲んでるみたいだし。

しかも近所のカルフールに行って聞いたら

おばちゃん:知らない!多分売ってないよ!

と言われて断念。 

結局日本製の豆乳かよ!って感じ。割と高くついてしまった。。

 

中国に戻ってきてからというもの、一日の食事は一度か二度。というか食べなくてもやっていけてるので結構スッキリとした生活をしている。

この点に関しては色々な理論・理屈があって一日どれくらい食べろ!とか、朝食は抜くな!とか、いやいや食べない方がいいよ!とか

誰も彼も好き放題ぶちかましている

極論、自分に合った体調管理方が一番だと思う筆者。ってかこんなん当たり前だけどそんな事、多忙なお医者さんは教えてくれない。色々な健康法が堂々巡りしているのはそのせい(*´∀`*)

だからこそ一人ひとりに寄り添える人間になりたい(*´∀`*)

 

例えば、

今学んでいる中医学的(東洋医学的)理論でも朝食は抜くなって言われてるけど、まぁどうだろう

今と昔では同じ事が言えるとは限らない。

統計学的に導いているのであれば進化学的に分子生物学的にどう捉える?2000年の間人類の身体は変化していない?)

中医学は不変である。

つまるところ、こちら中国の論文を読んでみても、んんんん?と思うことや、割と肯定的な論文が多いのは事実。

但し中医学は常に現代医学からの挑戦を受け続けている。

だからこそ日本では中医学は学問として後世に残していくのが大変なのかも(;´Д`)

人間の身体って数値化出来て目に見えるモノ、絶対的に数値化出来ない部分ってあって。例えば思考に影響されてる部分

思考に影響されていれば神経系や内臓諸器官に及ぼす影響、強いては脳内に及ぼす影響は大いに考えられる。中医学的治療はどこからが科学であり医学?

プラセボ?漢方薬?鍼灸?自律神経?陰陽?気?

 

筆者は中医学が”気のせい”ではなく、心理的な要素も大いに関係していると感じている。科学でない事を嫌う日本人が一番キライな言葉(*´∀`*)

じゃあ医学じゃねーじゃん!ってそもそも医学は科学なのか?だったら現代の医学とは...あぁ哲学的な話になってきた...

でも、元々筆者は中医学に対して懐疑的なので

ある部分に対しては賛成出来るし出来ない、だから中国に来てみた。

現代医学的理論に基づいて治療をした方が効果がある時もある。

それに無理やり中医学的理論をぶち込むのはマジでナンセンス

だけどパーキンソンの治療、何でこっち中国ってこんな治療効果上がってんのって、

マジで意味不明

あとあと、麻痺の患者さんに対する鍼治療

醒脳開竅法(・∀・)すげー効果あるんだぜぇぇぇぇ〜

って

何それ!怪しい(;一_一)と思う人もいるかもしれない

 

今行っている病院が得意としている治療法で

主に脳血管障害の急性期、後遺症、多種運動器疾患に応用できる

実習の際にはバッシバシSCD・MSAの患者さんやパーキンソン、脳血管障害の患者さんに治療をさせて頂いている。

これは現代医学的理論も存在しているので詳しくはまた別の機会に書いてみようと思う。

 

前置きが長くなったんだけど、昨日初めて来院されたラクナ梗塞の患者さんについて

中国語では「多发性腔隙性梗塞」直訳だと多発性ラクナ梗塞

いや、中国ってホント高血圧の患者さんばかり。(というかこの病院に居るからそう思うだけか...)

ラクナ梗塞の再発で、最近言語障害が出てきた、少しだけ歩行動作が遅く手足のしびれ感がある。パーキンソン?と疑っていたが鉛管運動も不随意運動も見られない、パーキンソンじゃないねって。これを中西医結合医学、継続的な中医薬の処方と先程の醒脳開竅法で治療をしていこうという見立て

強刺激に使うのは委中、三陰交。極泉

んで応用として言語障害に廉泉を使う。まぁ鍼の長いこと長いこと(*´∀`*)💕

ただし、人によってこの治療法には差がある。

しかもそれでも効果は上がっている?

って事は?ある程度ポイントを押さえていて技術さえ会得すれば皆が使用できるって事になる。もちろん現代医学的、中医学的理論をしっかり学んだ上での話

んん、これをしっかり形態化している所があるってのは素晴らしい

ただ、クッソ効果があるのにまだまだ認知度が低いのは医療の世界に問題があるからなのか

果たして広告が出来ていないからなのか。。

いずれはもっと広められるだけの人間にならなければ

って、大したことは出来ないと思うけど、やっぱ良い物は良いで沢山の人間に知ってもらいたい。

もちろん!認知症に中医学の可能性があることも

ってか俺くらいの年代でどれくらいの人間が中医学に興味持ってる?あ??

まだまだ若いぞ〜やったるぞ〜

 

引き続き醒脳開竅法については追って紹介をしたいと思います

 

明日は早々にジム行って、午後からの外来に備えます(゚∀゚)(゚∀゚)

 

今日の夕飯はベトナム料理と朝日でした(*´∀`*)👍

 

f:id:yuuuuuriii:20170830221747p:plain

 

 

ブログ村参加してます!良かったらポチッとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ 天津情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 海外医療へ